【技法研究】ペンと水彩の組み合わせ

 

ペンと水彩を組み合わせて描く前に、

ペン(ミリペン、マジック、ボールペン、つけペンなど)をチェックしてみましょう。

 

【チェックポイント】

  1. 水に溶けるかどうか(水性は溶ける。耐水性、油性、エマルジョンは大丈夫)
  2. インクがかすれずに、あるいはにじまずに描ける
    (油性はにじみがち。デコボコ水彩紙はインクを吸うので、出が悪いとカスレがち)
  3. インクが消しゴムで消えて薄くなってしまう場合がある
    (消えるボールペンは論外だけど、ボールペンでは割とあるwww)
  4. 入手しやすさ(近所の文房具屋でゲットできると良い。100均可)
  5. ボールペンの場合、ダマができやすいのはパス。
    (毎回ティッシュなどで拭きながら描く羽目に)
  6. 描いてて楽しいかどうか。描き味。
    (ボールペンが一番描きやすい気も。傾けてもグルグル描ける。
     ミリペンもいいけど、つけペンが一番細くてシャープ)
  7. つけペンの場合は、インク壺が別に必要。
    (漏れたり倒したリして悲惨な目にあうので、中にガーゼを入れたりして工夫)

ペンを買ったらテストしてみましょう!